emoiの日記

忘れっぽい雑食系エンジニアのメモblogです。

AWS EC2 Ubuntu 16.04 Remminaによるリモートデスクトップ

MacWindows からリモートデスクトップ接続する記事は見かけるが、
Ubuntuからというのはあまりないのでまとめておく。

環境

AWS EC2
Ubuntu 16.04 (クライアントおよびサーバー)

EC2インスタンス作成

AWSサービス内のEC2を検索。
f:id:r17u:20180612045233p:plain

EC2ダッシュボードにて、インスタンス作成をクリック。
f:id:r17u:20180612045349p:plain

Ubuntu Server 16.04 LTS (HVM), SSD Volume Type を選択。
f:id:r17u:20180612045415p:plain

t2.microを選択。
f:id:r17u:20180612045503p:plain

ここで容量は30GBまで増やせる。最後に確認して作成。
f:id:r17u:20180612045536p:plain

キーペアの作成

インスタンス作成後にキーペアの名前を入力、
hoge.pem 形式のファイルを任意のフォルダにダウンロードする。

インスタンス動作の確認。

しばらく時間を置くと、インスタンスのステータスがrunningに変わる。
f:id:r17u:20180612050043p:plain

ssh接続

hoge.pem のあるフォルダ内で作業する。
@以降に作成したインスタンスのパブリックDNSを入力。

$ sudo ssh -i hoge.pem ubuntu@hoge.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com

更新

$ sudo apt update && sudo apt upgrade

パス設定、GUIインスール、ポート解放

ssh上で設定を進める。手順はこちらに詳しく書いてある。
AWS EC2のUbuntuにWindowsからリモートデスクトップで接続し、Ganacheを起動する手順

設定が終わったらsshを終了する。

$ exit

Remmina 設定

Remmina起動。
f:id:r17u:20180612052247p:plain

Newをクリック。
f:id:r17u:20180612052313p:plain

任意の名前を入力。
プロトコルはRDPを選択。
ServerにパブリックDNSを入力。
User name は変更していなければubuntu
Color depth は Remote FXを選択。
f:id:r17u:20180612052342p:plain

接続

さきに設定したパスを入力。
f:id:r17u:20180612052655p:plain

この画面が出れば成功。
f:id:r17u:20180612052719p:plain