emoiの日記

忘れっぽい雑食系エンジニアのメモblogです。仮想通貨とROSに興味があります。

bitFlyerスキャルピングbot

目的

前回の記事でbitflyerFXのSell/BuyのVolume算出を行いました。
普段私はスイングbotを運用しており、勉強のため例のbotを作ることにしました。

例のbot

利益を上げたロジックを公開したAKAGAMIさんは本当にすごい。
私も次のステップに行きたい。。!



続きを読む

bitflyerFXのSell/BuyのVolume算出

前回の記事において、いなごFlyerのスクレイピングを紹介しました。
今回はbitflyerFXに特化したものを書いてみました。

目的

  • 直近のsellおよびbuyのvolumeをお手軽に取得したい!
  • pubnubを触ってみたい。

やりたいこと

以下の約定データを使って、過去20秒間のsellおよびbuyのvolumeを算出したい。
ビットコイン取引所【bitFlyer Lightning】

続きを読む

いなごFlyerからデータをスクレイピング Ubuntu編

続きを読む

Python開発環境 Jupyter Notebook の紹介

前回の記事において、bot作りを始めるにあたり、udemyの動画講座「Rubyで作る! ビットコイン自動売買システム」を参考にしたことを述べました。
今回は現在も使っているPython開発環境 Jupyter Notebook の紹介をします。

続きを読む

Rubyで作る! ビットコイン自動売買システム

ビットコインの自動売買ツールを作り始めて早一ヶ月。。
bot作りは初めてだったのでいくつかのサービスを試行錯誤してきました。
開発が一段落してきたので忘れないうちに不定期で少しづつ記録していきたいと思います。
ついでに初心者の方の参考になると嬉しいです。


遡ること一ヶ月前。。
突然、自動売買botを作ってみたくなる。

続きを読む

Ruby入門

はじめに

Rubyを触り始めたのでメモする。

環境

Ubuntu 16.04
Cloud9

続きを読む

取引所と販売所

はじめに

口座を開設して実際に取引を進めてみると、
取引所と販売所があることがわかった。

株をやっている人なら取引所は板という認識で間違いない。
指値や成行が使え、売買成立つまりは約定する。

一方の販売所は投資信託の売買と似ている。
現行レートより若干マージンを持たせて売買金額を決定している。

取引所のほうが販売所より安く売買することができるので、
通常は取引所を利用すればよい。
販売所は大量の売買を行いたいときに便利だ。

続きを読む